トゥーン関連










ここから探すと良い


"Hardware-Determined Feature Edges" by Morgan McGuire and John F. Hughes
有名なやつ

"Line drawings via abstracted shading" by Yunjin Lee, Lee Markosian, Seungyong Lee and John F. Hughes
http://cg.postech.ac.kr/research/line_drawings_via_abstracted_shading/line-drawing-s07.pdf

"A GPU-Based Approach to Non-Photorealistic Rendering in the Graphic style of Mike Mignola" by Christian Brown 
大神の絵が載ってます

"A Non-Photorealistic Lighting Model For Automatic Technical Illustration" by Amy Gooch, Bruce Gooch, Peter Shirley, Elaine Cohen
BlenderのColorRampっぽいやつ

OLM Digital R&D - ペイントブラシによる演出可能なトゥーンシェーダ

OLM Digital R&D - アニメ表現のためのハイライトと陰影の直感的演出法

A dynamic drawing algorithm for interactive painterly rendering
SIGGRAPH2006らしい。リンク先のpdfは、1pしかない。ACM SIGGRAPH会員(84$/年)とかになると多分フル見れる

X-Toon: An extended toon shader
トゥーンテクスチャを2Dにして、1次元をDepthかAngleに使ってみました的な

Geometric Clustering for Line Drawing Simplification
ガサガサ線を描きまくった絵を解析して、線数を減らしているっぽい。
3Dから線画を起こすと、規則的な線がいっぱいで、人が書いた適当な線数のものより線が多いから効果的なことがある。

Programmable Style for NPR Line Drawing
線描画のための効果的なAPI実装方法。
たぶんBlenderのFreestyleが参考にしまくっている。

週刊ディーヴァ・ステーション - pjd技術部:第四回「ノンフォトリアリスティックレンダリング」
> 輪郭線はラプラシアンフィルタをベースに、製品レベルとなるようヒューリスティクスに手法を積み重ねています

Segmentation-Based 3D Artistic Rendering
画像に閾値を設けて塗りつぶし、同じ色で塗りつぶした部分をマテリアルとみなしてレンダ?
少し重そう。単純なシーンで15sとか20sとか書いてあります

-------------------------------------------------------↓ モデリング寄り----------------------------------------------------
ユーザが描いた絵をテンプレートとマッチングさせて、それから3Dメッシュを作る。

-------------------------------------------------------↓  2D  ------------------------------------------------------------

CONTOUR-BASED IMAGES: Representation, Creation and Manipulation
ラスタ/ベクタイメージについて、基本多め、若干ベクタライズ方面が多めの内容。120pもある
途中に巌窟王載ってた

Polyomino-Based Digital Halftoning

A Computer-Assisted Colorization Algorithm based on Topological Difference
アニメの中割りの色塗り、自動で出来るんじゃね?的な
Comments