boost.python


boostをvs2010でビルド

今回はboost.pythonをVS2010Expressでビルドした。
static版で、32ビット/64ビット版のMD/MDDでビルド。

手順

1. Python32をダウンロード。英語サイトから落とすこと。

2. 32bit版をC:/Python32、64bit版をC:/Python32/x64にインスコ

3. boostのzipを落とす。とりあえず最新の1.51をC:/boost_1_51_0に展開した。

4. Microsoft Windows SDK v7.1のWindows SDK 7.1 Command Promptを起動。
もしVS2010がpro版だったら、VS2010コマンドプロンプトでOKかも。

5. setenvと叩く。エラーメッセージ出ないことを確認。そんなコマンド無いといわれたら立ち上げたプロンプトが間違っているので4に戻る

6. cd C:\\boost_1_51_0

7. bootstrap.bat

8. C:/boost_1_51_0/project-config.jamをテキストエディタで開き、以下のように編集
(";"の前にスペースが無いとエラーになるクソ仕様なので注意)
--------------------------------------------------------------

import option ; 
 
using msvc : 10.0 ;

using python : 3.2 : C:\\Python32 ;
using python : 3.2 : C:\\Python32\\x64 : : : <address-model>64 ;

libraries =  --with-python ;

option.set keep-going : false ; 
--------------------------------------------------------------

9. setenv /Debug /x64

10. bjam link=static runtime-link=shared address-model=64 debug

11. C:/boost_1_51_0/stage/lib/の下にlibが2つ出来ているのを確認

12. C:/boost_1_51_0/bin.v2 というディレクトリを削除(もっとスマートな方法があるかもしれないが探すのめんどい)

13. setenv /Release /x64

14. bjam link=static runtime-link=shared address-model=64 release

15. C:/boost_1_51_0/stage/の下にlibがさらに2つ出来ているのを確認 

16. 64ビット版のstatic版のlibが出来たので、完成した4つのlibをどっか他のディレクトリに移動しておく。

17. setenv /Debug /x86

18. bjam link=static runtime-link=shared debug

19. C:/boost_1_51_0/stage/lib/の下にlibが2つ出来ているのを確認

20. C:/boost_1_51_0/bin.v2 というディレクトリを削除(もっとスマートな方法があるかもしれないが探すのめんどい)

21. setenv /Release /x86

22. bjam link=static runtime-link=shared release

23. C:/boost_1_51_0/stage/の下にlibがさらに2つ出来ているのを確認 

24. 32ビット版のstatic版のlibが出来たので、完成した4つのlibをどっか他のディレクトリに移動しておく。

終了



Boost.Python使い方

muddy brown thang - Boost.Python の機能をざっと紹介してみる




Comments